事業内容


1)経営管理の実態を把握と改善提案
2)経営企画部門の一部をアウトソーシングを請負い、企画業務のサポートを致します。
3)収益改善コンサルティング・財務改善コンサルティング 
4)クライアント企業と銀行の交渉サポート
5)資金繰り改善コンサルティング
6)購買部 原価低減コンサルティング・サポート
7)会社情報共有化に向けたコンサルティング・IT化(グループウェアの提供など)
8)上記に付随する人材育成教育コンサルティング

①経営管理について
経営改善、損益計算書の収益改善についても、経験豊富な専門スタッフを擁し、キャッシュフロー・貸借対照表、両面から問題解決のお手伝いをさせていただきます。

変動費の管理を徹底し、収益改善を図ることを第一優先に進めております。必要に応じて仕入先との折衝(原価低減・支払条件の見直しなど)も行います。
また、バランスシート上の遊休資産の処分・活用方法についてサポートをさせていただいております。

資金繰りの先行予測できる仕組みの構築をサポートさせていただきます。資金繰りは2ヶ月先程度を作成している企業が多いですが、弊社事業計画にのっとり、2カ年程度の資金繰り予想も作成致します。

②銀行戦略について
銀行からの資金調達の助言や資金繰り悪化時の返済条件の見直しのお手伝いもさせていただいております。

最近は金融円滑化法の関係でリスケジュールを簡単にできる環境になっておりますが、法案の延長もここ1年で終わる可能性が高いようですので、真の経営改善と返済プランの融合させて取り組むことが不可欠です。弊社は、その実現に向けたサポートさせていただきます。
弊社は、事業計画の策定のお手伝いから、金融機関向け説明資料(事業計画・返済計画) などを作成致します。

1. 金融機関の財務評価(格付、債務者区分)を勘案した計画を作成します。
   →「実質抜本的な計画」
2. 5年(一部装置産業などは10年)の中長期の収支計画、想定バランス・シート、
 キャッシュフロー、長期資金繰計画、銀行政策(調達・返済計画)までの計画作成。
 自己資本が毀損している場合は、5年~10年程度(場合によって3年)でその毀損を
 埋めるプランを策定します。(装置産業・旅館業は別途プランになります。)